appraisal of suppliers


マーク・ホースネル氏は、かつて

サンライズ養蜂Sunrise Apiaries Ltdを経営

しておられました。JCIはホーネル氏に、ニュージーランド国内でのJCIのコンサル

タントをお願いしています。先日私どもはホーネル氏とともに、タヒ・エステート、

モソップ、オヌクの各社を訪問いたし

ました。ホーネル氏によるコメントを

以下にご紹介します。


タヒ・エステート社

 

タヒ・エステートは自然環境をひじょうに

大切にする企業で、すばらしい養蜂と

すぐれたはちみつ製造を行うビジネスを

起ち上げました。同社はUMFマヌカの

スペシャリストとして知られ、製品は

ニュージーランド内外の高級デパートで

販売されています。英国のハロッズも

そうしたデパートの一つです。

 

タヒ・エステートでは現在3,000個所有

している巣箱を、今後2年以内に5,000に

増やすことを計画中です。このことからも、同社が養蜂に力をいれていることが

わかります。

 

タヒ・エステートには、垂直的に統合された養蜂・はちみつ製造に必要な設備がすべて揃っています。ひじょうに清潔で効率的な

設備です。製造部長のノックス・

ヘンダーソンは、品質の高いはちみつを

作ることに情熱を傾けています。


モソップ・ハニー社

 

モソップ・ハニーは養蜂一筋でやってきた
家族経営の企業です。養蜂業、製品、製造法についての知識と経験が豊富です。伝統的な
手法ながら、巣箱数4,500という規模の養蜂を非常にうまくやっています。 


モソップは製造過程のすべてを自社で

おこなっています。特に目新しい設備は

ありませんが、施設・機材のあらゆる機能が最大限に利用されています。

非常に多くの種類のはちみつを製造し、

さらにはちみつ以外の売り上げ(たとえば

授粉やショップでの販売)もあり、

モソップは業界でも大手の一社に

数えられています。


オヌク社

 

レス・ストウェル氏(オヌク社支配人)は、

先住民族マオリの人々の資源と養蜂技術を

組み合わせ、優れた品質のはちみつを

製造することに成功しました。

 

オヌクのマヌカをパッキングする施設は、

清潔で近代的設備が整い、近代的な手法を

用いています(このパッキング施設は

マヌカハニー・ニュージーランド社が

所有しています)。

 

ストウェル氏は日本の消費者の好みや

日本で求められる品質の基準について、

豊富な知識を持っておられます。氏が長年、ニュージーランドの農産物を日本に

輸出する仕事に携わってきたためです。



2018.3