the Tahi  example


世界各地で、はちみつからネオニコチノイド残留農薬が検出されています。

 

南極を除くすべての大陸および島嶼から集めた198のサンプルを分析した結果が、2017年に発表されました(1)

 

この分析結果によればサンプルのうち75%から、少なくとも5種類のネオニコチノイド(アセタミプリド、クロチアニジン、イミダクロプリド、チアクロプリド、チアメトキサム)のうち1種類が検出されました。またサンプルの45%からはこれらの農薬のうち2種類以上、そしてサンプルの10%からは4種類または5種類の農薬が検出されました。

 

この分析結果は、世界中のみつばちが、花みつを食べることでネオニコチノイド系農薬に触れていることを裏付けました。ただしネオニコチノイド化合物の量は人間が摂取しても安全だと考えられているレベルとされています(2)。

 

この調査で、ニュージーランド産はちみつのサンプルのうち4種類からネオニコチノイドの残留が確認されたことは、NZに大きな衝撃をもたらしました。ネオニコチノイド残留が確認された4種類のサンプルのうち3種類がマヌカはちみつでした(3)

 

NZの人々は驚きました。マヌカ農園も(今のところ)、そしてほぼすべてのマヌカの巣箱も、農地や果樹園、人口密集地からはるかに離れたところにあるというのに、いったいどうしてこんな結果になったのだろう?そんなことがほんとうにあり得るだろうか?

 

この問いに対する一番ありそうな答えは、検査対象とされたサンプルには「マヌカ」という表示があっても、実際にはマヌカと、牧草地で採られたみつを混ぜたものだった、というものです。分析が実施されたころは、マヌカ以外のみつをたくさん混ぜたものや偽マヌカが、NZ内外で散見されました(4)

 

この検査結果が公表されて以来、グリホサートにも発がん性があるのではないかという懸念が世界中で広がっています。グリホサートは多数の除草剤の主成分です。しかし英紙ガーディアンは、グリホサートを主成分とする除草剤とがんに関連性がみられると主張する研究にはすべて、その逆の結果を示唆する研究も存在すると報じています(5)


JCIは考えました。弊社が輸入しているはちみつには、健康に害を及ぼす恐れのあるネオニコチノイドその他の農薬が残留していないことを、どのようにお客様にお示しできるだろうか?弊社は、はちみつの輸入卸売りをしているのであって、化学薬品の研究をしているわけではない。どうすればよいのだろうと。

 

そこでJCIは、タヒ製マヌカのバッチをひとつ、ハミルトンにあるヒル・ラボラトリーズに送り、出来るだけ総合的かつ詳細な検査を行うよう依頼しました(6)

 

この検査では、8種類のネオニコチノイド(アセタミプリド、クロチアニジン、ジノテフラン、フロニカミド、イミダクロプリド、ニテンピラム、チアクロプリド、チアメトキサム)と、NZ内外で農業に用いられる化学物質58種、加えてグリホサートの残留量を調べました。ヒル・ラボラトリーズからの正式な分析結果報告は、このページに掲載しています。

 

その結果、検査したタヒ・マヌカからは上記の農薬として用いられる化学物質は検出されなかったことを謹んでご報告いたします。化学検査の領域では、「なし」noneという語の概念は複雑です。通常、ある物質の存在を調べる検査の場合は「検出されない」「現在の科学で検出できる限界以下」という表現が用いられます(7)

 

こうした検査は非常に高価であり、同様の検査をJCIが輸入する他のはちみつを対象として行う予定はありません。弊社にはちみつを提供している製造元の判断と誠実さ、またニュージーランド政府が導入した措置が信頼に足るものと考えるからです。

 

ともあれ、この世界規模での調査結果からも、生産地があきらかではないパッキング会社からは、絶対にはちみつを買い付けるべきでなないという弊社の確信が裏付けられました。

 

Download
Tahi 50149_残留農薬検査結果_2019.3.21.pdf
Adobe Acrobat Document 59.4 KB


(1)サイエンス誌記事。2017年10月6日付。執筆者Mitchel, E.A.Dほか。 “A worldwide survey of neonicotinoids in honey”. Science (2017).

(2)こうしたレベルは「許容残留量」あるいはMRLと称される。

(3)ニュージーランド・ヘラルド紙記事。2017年10月17日付。執筆者Jamie Morton。 “Pesticide traces in NZ honey surprise researcher”. By Jamie Morton. The New Zealand Herald (Oct. 17, 2017).

https://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11934014

(4)この研究結果の公表後、ニュージーランド政府はマヌカはちみつの科学的な定義を導入し、小売り用として輸出する商品にはその定義に沿うことを求めるようになった。

(5)ガーディアン紙記事。2019年3月9日付。執筆者David Cox。

“The Roundup row: is the world’s most popular weedkiller carcinogenic?” By David Cox. The Guardian (Mar. 9, 2019).

https://www.theguardian.com/environment/2019/mar/09/spray-pray-is-roundup-carcinogenic-monsanto-farmers-suing

(6)サンプルとして送付した商品はUMF15+タヒ・マヌカ、バッチナンバー50149。ヒル・ラボラトリーズNo. 2141669。

(7)ヒル・ラボラトリーズの検出限界値(この値までは検出できるという値、つまりこの値未満では検出不能という値)は、ネオニコチノイドについては、クロチアニジンが0.02mg/kg、ジノテフラン、フロニカミド、ニテンピラムの3種は0.01mg/kgである。今回検査対象とされた上記以外の化学物質については、同ラボは「ゼロ」と判断する分析能力がある。ちなみに、1キログラムあたり0.01mgとは100万分の1グラムであり、たとえば1トンのうち0.01グラムに相当する。


 ニュージーランド第一次産業省は、輸出用はちみつから検出される農薬の最大値は、1キログラムあたり0.01mg (0.01ppm)と定めている。この値は、日本の厚生労働省が加工食品から検出される農薬の成分として一律に定める値と等しい。ここでいう「一律」基準とは、「残留農薬成分量として許容される最大値のデフォルト」を意味し、特定の食品あるいは特定の農薬成分については、「一律基準」とは異なる値が定められる場合もある。