pricing background


マヌカはちみつ価格のコストを押し

上げる要因を理解するにはまず、ニュー

ジーランドの養蜂業以外の第一次産業、

はっきり言えば酪農業について理解する

必要があります。

 

ニュージーランドは人の数よりも羊の

数のほうが多いという有名なジョークが

ありますが、乳牛の数も人の数より多い

のです。

 

ニュージーランドの乳牛数は、1993年

から2013の間に84パーセントも増加

しました。2013年の乳牛総数は

4,784,250頭です。同時期、牧場面積も

57パーセント増加し、1,677,395

ヘクタールとなりました。

 

マヌカの木々が伐採

つまりこの20年の間に607,500ヘクタール
(四国の1/3に相当する面積)が酪農の

ための牧草地にされたということです。

こうした牧草地を造成するには通常、木々

を伐採しなければなりません。そして

野生のマヌカの木々も、牧草地造成の

ため伐採されてしまいました。

 

牛乳・粉ミルクその他の乳製品に対する

需要が中国で高まっています。この需要に

応えるため、牧草地の造成が続いています。

 

中国はニュージーランドにとって2番目の

貿易相手国で、2012年の対中国輸出額は

67億NZ$でした(これは2008年輸出額の

3倍以上です)。このうちおよそ1/3

(22億NZ$)を乳製品が占めています。

 

ヘリコプターでしか近寄れない

 牧草地を造成するのに最適なのは、

平坦な、あるいは緩やかな起伏のある

土地です。また道路に近く、トラックに

よる牛乳の集荷が容易な場所であることも

求められます。


こうした土地に広がるマヌカ林を利用して

巣箱を設置していた養蜂家は、新たな養蜂

場所を求めざるを得なくなりました。

フロンティア・ヘリコプター社による養蜂家の

巣箱の移動。

YouTubeで複数のビデオ一覧が表示される場合は、画面左上のHelicopter Beehive Transport-Frontier Helicopters  をクリックしてください。

Music: "Now We Are Free" by Various Artists。


マヌカの茂る土地に着陸したヘリコプター

フロンティア・ヘリコプター社

Frontier Helicopters Limited は養蜂家の巣箱の

移動を請け負う会社の一つです。フロンティア・ヘリコプター社の広告ビデオを見れば、

ヘリコプターを利用した巣箱の移動が大々的に

行われていることがわかります。

 

広告では「あなたの巣箱をどんなところに

でも運びます」とアピールしています。また

同社の輸送実績は年間5,000個であるが、

一万個まで輸送できるとも述べています。


平坦な土地を確保できないため、養蜂家は

非常に不便な辺境や、あるいは道路の

ないような山岳地帯でマヌカの木を

探さなくてはなりません。こうした場所

にはヘリコプターでしか近寄れないような

場所も多いのです。

 

そういうわけで、巣箱の移動のため、

定期的にヘリコプターを利用する養蜂業者もいます。このヘリコプターによる輸送

費用が、マヌカはちみつ製造コストを押し

上げているのです。