THe difference between Manuka Oil and tea tree oil


原料となる木の種類が異なります。また効能面ではマヌカオイルの方が高い傾向があります。

 

マヌカオイルを「ティーツリーオイル」と呼ぶ人々もおられるのですが、これはマヌカオイルとオーストラリア製ティーツリーオイルの混同を招いている一因です。まず、マヌカオイルとティーツリーオイルの区別が以前から曖昧であったという弊社見解について、歴史的な背景からご説明いたします。

 

「ティーツリー」というのは植民地宗主国の言語である英語です。1700-1800年代に英国からニュージーランドあるいはオーストラリアに来た入植者が、お茶として用いた葉であれば、それがどの種類であってもティーツリー(茶の木)という名称で呼ぶことができます。またこの語は入植者が見た、先住民が浸出液(お茶もこの一種)を作るのに用いていた木を指す場合もあります。(註1)

 

ニュージーランドおよびオーストラリアには、少なくとも4つの固有種がティーツリーという名称で呼ばれていることがわかっています。現代でも(ニュージーランドの人もオーストラリアの人も)正確な知識なく、マヌカはニュージーランドのティーツリーだと大雑把なくくり方をする人々も存在します。(註2)

 

マヌカオイルの場合、もっと正確な定義が可能です。マヌカオイルは学名Leptospermum scoparium(マオリ語ではマヌカ、あるいはカヒカトア)という植物から採られたものです。フトモモ科ギョリュウバイ属の植物です。

 

 

Leptospermum scopariumはおよそ80種あるギョリュウバイ属のうちの一つです。ただしニュージーランドのギョリュウバイ属の植物はこの一種のみであることから、この植物以外からマヌカオイルが採られることはあり得ません。

 

ところがニュージーランドとは異なり、オーストラリアにはギョリュウバイ属の植物がたくさんあります。この結果、こうしたギョリュウバイ属の花みつから採られたはちみつが「マヌカはちみつ」を詐称して市場に出回ることがあります。同様にギョリュウバイ属の木から採った精油を、マヌカオイルと同じものだと消費者に思わせるような売り方がされる場合もあるのです。

 

オーストラリア産ティーツリーオイルとはたいていの場合、学名Melaleuca alternifoliaというオーストラリア固有種の植物由来です。この木はフトモモ科コバノブラシノキ属です。このほかに、それほど多くはありませんが同じフトモモ科の木、たとえばMelaleuca linariifoliaなどから採られたオイルもあります。

イーストケイプ・マヌカオイルはポリエチレン製の透明なパッケージでお届けします。日本語の取扱説明書はパッケージ内部に入っています。


しかしキャプテン・クック時代(彼がニュージーランドに上陸したのは1769年のことです)から1980年代まで、この二つのオイルの区別は曖昧で、マヌカオイルも「ティーツリーオイル」と呼ばれていました。

 

現在では昔のようにマヌカを「ティーツリー」と呼ぶことはほとんどありません。ティーツリーはnarrow-leaved paperbarkやnarrow-leaved tea-treeという名前で呼ばれることが多く、オイルの大半はオーストラリア産です。


このような混乱に鑑み、消費者に正確な情報を提供するという観点から、「ティーツリーtea tree 」の語は、そのエッセンシャルオイルの学名が併記されていない限り商品名には用いるべきではないというのが弊社の見解です。



使用法

外用として少量を利用して下さい(内服はできません)。状態に応じ、マッサージ用としてそのままお使いになれます。マヌカオイルと、アボカドオイル、ホホバオイル、ローズヒップオイルなどのキャリアオイルを混ぜることもできます。キャリアオイルとのブレンドは頭皮にもお使いになれます。入浴剤としても利用可能です。

注意

初めてご使用になる際は、パッチテストをお勧めいたします。少量をお肌に塗布し、48時間様子を見て下さい。刺激や炎症が起きた場合、使用を中止して下さい。妊娠中の使用はお控えください。お子様やペットの手の届かないところに保管してください。眼に入らないようご注意ください。皮膚疾患の場合はまず皮膚科を受診してください。



(1) "A fresh look at manuka and kanuka essential oils from New Zealand". Maddocks-Jennings, W., et al. The International Journal of Aromatherapy (2005).

(2) "Essential oils from New Zealand manuka: triketone and other chemotypes of Leptospermum scoparium". Douglas M.H., et al. Phytochemistry (2004).

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15184010

(3) "Virucidal activity of a beta-triketone-rich essential oil of Leptospermum scoparium (manuka oil) against HSV-1 and HSV-2 in cell culture". Reichling J, et al. Planta Medica (2005).

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16395648

(4)"The Complete Book of Essential Oils and Aromatherapy" . Valerie Ann Worwood.

New World Library(2016).

(5) https://www.drugs.com/npp/manuka-oil.html

(6) "An investigation of the actions of the essential oils of Manuka (Leptospermum scoparium) and Kanuka (Kunzea ericoides), Myrtaceae on guinea-pig smooth muscle". Lis-Balchin M., Hart S.L. Journal of Pharmacy and Pharmacology (1998).

(7) "Antimicrobial activities of a steam distillate of Leptospermum scoparium".

Rhee G.J., et al. Yakhak Hoeji (1997).

(8) "Topical administration of manuka oil prevents UV-B irradiation-induced cutaneous photoaging in mice". Kwon, O.S., et al. Evidence-based Complementary and Alternative Medicine. (2013).

(9) "Manuka oil, a natural herbicide with pre-emergence activity". Dayan, F.E., et al.

Weed Science (2011).