UMF / MGO value confirmation


UMFHA加盟のマヌカはちみつは、
UMFグレードを(+)で表示しています。

たとえばUMF5+という表示の場合、検査値がUMF5以上であったことを示します。

 

ただし、UMFHAではこの(+)の
上限値を設けていません。つまりUMF5+と

いう表示の場合、UMF6、UMF7、UMF8、UMF9ということもあり得るわけです。

同様に、実際の値がUMF14、UMF13、UMF12、UMF11 であっても、UMF10(+) と

表示されていることがあるわけです。
実際のUMF値を知るには、食品検査
機関が出している実験報告書を見るしか
ありません。

 

検査結果の記録

下記は、弊社が最近日本の消費者に
提供し、現在も販売しているモソップ
UMFマヌカハニーの検査結果です。


まず容器右下のバッチナンバーを

ご参照ください。

 

次に下記の表中のバッチナンバーの欄
(青字)で、先に見たナンバーを
見つけて下さい。



バッチ毎のUMF検査結果 (UMF5+)

グレード(a) 内容(b) バッチ(c) L(d)
DHA(e)

 MGO(f)

HMF(g)

UMF(h)

UMF5+ 250  160322 -- 511 217 -- 8.9
UMF5+ 250 160920 -- 573 263 -- 10.0
UMF5+ 250 161026 -- 470 289 -- 10.6
UMF5+ 250 161122 240 550 250 -- 9.7
UMF5+ 250 170125 230 620 281 21 10.4
UMF5+ 250 170503 181 400 203 17.2 8.6
UMF5+ 250 170614 210 440 220 17.8 9.0
UMF5+ 250 171031 230 410 176 25 7.9
UMF5+ 500 171011 390 710 349 24 11.9

バッチ毎のUMF検査結果 (UMF10+)

グレード(a) 内容(b) バッチ(c) L(d)
DHA(e)

 MGO(f)

HMF(g)

UMF(h)

UMF10+ 250 160913 -- 642 488 -- 14.5
UMF10+ 250 161018 -- 571 562 -- 15.8
UMF10+ 250 161121 330 740 377 23 12.4
UMF10+ 250 170426 420 690 437 33 13.6
UMF10+ 250 170213 300 700 377 29 12.4
UMF10+ 250 170613 330 660 423 20 13.3
UMF10+ 500  151020  --  697 549 --  15.6
UMF10+ 500  151117  313  811 531 32 15.3
UMF10+ 500 170213 300 700 377 29 12.4
UMF10+ 500 170426 420 690 437 33 13.6
UMF10+ 500 171004 450 770 415 39 13.2

バッチ毎のUMF検査結果 (UMF15+)

グレード(a) 内容(b) バッチ(c) L(d)
DHA(e)

 MGO(f)

HMF(g)

UMF(h)

UMF15+ 250 160209  -- 766 745  -- 18.8
UMF15+ 250 160412 -- 740 771 -- 19.1
UMF15+ 250 160809 -- 762 681 -- 17.8
UMF15+ 250 161101 440 920 711 -- 18.3
UMF15+ 250 170516 560 890 639 38 17.1
UMF15+ 250 170815 440 670 645 54 17.2
UMF15+ 500 160809 -- 762 681 -- 17.8

 

出典:(株)アナリティカ・ラボラトリー、Analytica Laboratories Limited.

(Some tests conducted by R J Hill Laboratories Limited.)


(a)UMFHA ( ユニークマヌカファクターはちみつ協会、Unique Manuka Factor Honey Association)による格付けのグレード。
(b)内容量、グラム。
(c)製造バッチ番号。

(d)レプトスペリン (leptosperin)(メチルシリンゲート配糖体)。1kgのマヌカはちみつに含まれる量単位mg)。
(e)ジヒドロキシアセトン(dihydroxyacetone、DHA)。

(f)メチルグリオキサール (methylglyoxal、MGO)。1kgのマヌカはちみつに
含まれる量(単位mg)。メチルグリオキサールは花蜜の中にある
ジヒドロキシアセトンから作られる天然の物質。MGO・MGは、ともに
メチルグリオキサールの略です。

(g)ヒドロキシメチルフルフラール (hydroxymethylfurfural、HMF)。 糖の熱分解により生成される物質。

(h)実際のUMF数値。


注釈

2006年頃、UMF加盟製造者に検査を委託されていた各ラボは、フェノール検査法に
よるマヌカの抗菌力測定を中止しました。
UMF数値は元々、 フェノール液に
比較した場合の殺菌力の強度を表すものです。つまり5+は、フェノール液5%希釈液

(フェノール5%、水分95%)と同程度以上の殺菌力が あることを意味します
(従って、10+は、10%以上、15+は、15%以上)。

 

2006 年以降、マヌカハニーの抗菌力は、フェノールに代わりメチオグリサールで
測定されるようになりました。マヌカの抗菌力が、主にメチオグリサールという成分で
あることが発見されたからです。ただし各ラボではメチオグリサール含有量を、
同程度のフェノール基準による抗菌力(つまり従来のUMF値)と相関させ ています。

たとえば、MGO(メチルグリオキサール)基準では、キログラムあたりの
メチオグリサール含有量83mg以上のものを、UMF5+と同等と見なします。
キログラムあたり263mg以上なら10+、514ミリグラム以上なら15+とされます。

 

モソップのマヌカはちみつがUMF値とメチオグリサール含有量の両方を表示している
(例えばUMF10+/MGO265+)のはこのためです。


モソップの格付けマヌカ
はちみつの店内用の参照カードは
右のPDFの形でダウンロード
できます。

Download
モソップUMFマヌカの参照カード_2018.1.pdf
Adobe Acrobat Document 172.2 KB


UMFはちみつ協会のマヌカ格付けの構成表はこちらです。