recipes for homemade cosmetics


 

はちみつを使ったホームメイド化粧品のレシピが48種類ありました。このうち35種は『(邦訳なし)仮題:はちみつの処方箋―はちみつの驚くべき薬効』に採録、残りのうち11種は『ウィメンズ・ヘルス』誌、2種は全米はちみつ委員会のウェブサイトに紹介されているもの(出典はすべて合衆国のもの)。

 

この48種のレシピから、ここでは21種を選んで以下にご紹介します。右側のタブでは、使用する材料をすべて明示し、解説のメモも添えました。

 

あまりに似通ったものと、手に入れにくい材料を使用していると考えられるものについては省きましたが、この頁の一番下に表示されている「出典」のリンク先では48種すべてのレシピをご覧になれます。

 

大半のレシピでは「生はちみつ」(最小限度しか手が加えられておらず、巣内の通常の温度以上では加熱していないはちみつ)を使用するよう指示されています。

これはほとんどの大量販売されているはちみつを、お化粧品の材料にするのは好ましくないということです。大量販売されているはちみつは、高温で処理されており、はちみつの持つ成分がダメージを受けているからです。

 

蜜源となる花を指定しているレシピはありません。蜜源はそれぞれのお好みでどうぞ。

レモンジュース、アロエべラ、アーモンドを含むホームメイド化粧品の材料
レモンジュース、アロエべラ、アーモンドを含むホームメイド化粧品の材料

抗菌力があることから、JCIでは特にマヌカをお勧めしていますが、カマヒ、レワレワ、タイムなどにも健康によい成分がたっぷり含まれていますので、これらのはちみつもお化粧品材料としてふさわしいと考えております。

 

レシピのご紹介:以下に記された出典1は『はちみつの処方箋』、出典2はWomen’s Health誌、出典3は全米はちみつ委員会the National Honey Boardのウェブサイトを参照しています。


ご注意

(1)いずれの場合も、お顔に使用する際には眼に入らないよう注意してください。

 (2)このレシピを掲載する書籍等で紹介されているマヌカをはじめとする各種はちみつは、食品です。民間薬としてはちみつその他が利用されていますが、髪や皮膚・爪に大きな異常がある場合には、まず皮膚科を受診してください。



フェイシャルケア一般

バナナとはちみつのパック(出典1)(recipe 1)

[材料] バナナ:小1本、はちみつ:小さじ1、ヨーグルト:小さじ1/2。

[作り方] バナナを細かく刻み、その他の材料と混ぜ合わせる。

[使用方法] パック剤として使用。10分経過後、ぬるま湯で洗い流す。

 

りんごとはちみつのパック(出典1)(recipe 2)

[材料] りんご:1個、はちみつ:大さじ1。

[作り方] ①りんごは皮をむき、芯を取る。②はちみつと①をフードプロセッサ等で混ぜ、裏ごしする。

[使用方法] パック剤として使用。15分経過後、水で洗い流す。

 

オートミールのパック(出典1)(recipe 3)

 [材料] インスタント・オートミール:1/3カップ、はちみつ:適量。  

(オプション)ローズウォーターまたはオレンジフラワー・ウォーター:大さじ1。

[作り方] なめらかなペースト状になるまで、オートミールにはちみつを加える。スリミング効果を求める場合に、ローズウォーターまたはオレンジフラワー・ウォーターを加え、よくまぜる。

[使用方法] メイクをしない状態でパック剤として使用。30分経過後、ぬるま湯で洗い流す。

 

野菜とはちみつのパック: お肌に潤いと栄養を(出典1)(recipe 4)

[材料] ミルク:100cc アボカド:1個、にんじん:1本、はちみつ:小さじ3。

 [作り方] ①アボカドは皮をむいてつぶす ②にんじんは柔らかくなるまで茹でてつぶす

③はちみつと ①②をよく混ぜる。

 [使い方] パック剤としてお顔と首に使用。15分経過後、ぬるま湯で洗い流す。

 

バナナ・卵黄・はちみつのパック(出典1)(recipe 5)

 [材料] バナナ:1本、ミルクまたは生クリーム:大さじ1、卵黄:1、はちみつ:大さじ1。

 [作り方] ①バナナをつぶす ②ミルクまたは生クリーム、卵黄を ①とよく混ぜる。

 [使用方法] パック剤としてお顔と首に使用。15分経過後、ぬるま湯で洗い流す。

  

ミルクとはちみつのローション(出典1)(recipe 6)

 [材料] 無脂肪乳:100cc 、はちみつ:大さじ1、アロエベラジェル:小さじ1。

 [作り方] 材料を混ぜてから、ふたがしっかりしまる広口びんなどに入れ、よく振る。冷蔵庫に保管する。

[使用方法] ローションとして朝晩、お顔に用いる。

 

はちみつとメレンゲのお顔用クリーム(出典1)(recipe 7)

 [材料] 卵白:1、はちみつ:小さじ1、アーモンドオイル:少々。

 [作り方] ①卵白はよく泡立ててメレンゲにする ②はちみつとアーモンドオイルを①に加え、なめらかなクリーム状になるまでよく混ぜる。

[使用方法] お顔用クリームとして用いる。

 

はちみつの簡単しっとりパック(出典2)(recipe 8)

[材料] はちみつ:小さじ1。

[使用方法] はちみつをお肌にぬり、15-20分そのままにする。ぬるま湯で洗い流す。

 

はちみつ・バナナ・ヨーグルトのしっとりパック(出典3)(recipe 9)

[材料] バナナ:1/4 本 オートミール、プレーンヨーグルト、はちみつ:各小さじ1。

[作り方] ①小さめのボウルの中でバナナをつぶす ②オートミール・ヨーグルト・はちみつを①に加えてよく混ぜる。

[使い方] 洗顔後のお顔にパック剤として使用する。15~20分経過後、お湯で洗い流す。


リンクル・ケア

はちみつとレモンジュースのマッサージ用ローション(出典1)(recipe 10)

[材料] はちみつ:大さじ1、フレッシュレモンジュース:大さじ1。

[作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

[使用方法] お顔と首に塗り、やさしくマッサージする。ぬるま湯に浸したスポンジまたはコットンでやさしく拭き取る。


リップケア

はちみつのリップ用パック(出典1)(recipe 11)

 [材料] ワセリン:小さじ1、 はちみつ: 小さじ1/2。

 [作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

 [使用方法] 荒れた唇に塗布し、10分経過後にお湯ですすぐ。朝晩1度ずつ用いる。


クレンジング

 アーモンドとはちみつの洗顔料(出典1)(recipe 12)

 [材料] 生 アーモンド:小さじ2、はちみつ:大さじ1、フレッシュレモンジュース:大さじ1/2。

 [作り方] アーモンドを細かく刻む。②はちみつ、レモンジュースと①をよく混ぜあわせる。

[使用方法] 洗顔剤として使用する。お肌をやさしくこすり、お湯で洗い流す。

 

はちみつミルクの洗顔(出典1)(recipe 13)

 [材料] ミルク:200cc 、はちみつ:大さじ1。

 [作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

 [使用方法] ボウルなどに入れ、手ですくってお顔を洗う。拭き取らず、自然に乾くのを待ち、その後ぬるま湯ですすぐ。

 

はちみつの角栓ケア(出典2)(recipe 14)

 [材料] ホホバオイル又はココナッツオイル:大さじ2、はちみつ:小さじ1。

 [作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

 [使用方法] 洗顔後の乾いたお肌に塗り、円を描くようにしてやさしくマッサージする。その後ぬるま湯ですすぐ。

 

はちみつと卵白のクレンジングパック(出典3)(recipe 15)

 [材料] はちみつ:大さじ1、粉ミルク:小さじ1、卵白:1。

 [作り方] ①ボウルにはちみつと粉ミルクを入れてよく混ぜる ②別のボウルで卵白を軽く泡立てる ③卵白を① に加えて混ぜる。

[使用方法] クレンジングパック剤として使用する。15~20分経過後、お湯で洗い流す。


ヘアケア

ドライヘア用はちみつとオリーブオイルのマッサージ&パック(出典1)(recipe 16)

[材料] オリーブオイル:大さじ3、はちみつ:大さじ1(髪の長さにより、オリーブオイルとはちみつをこの割合で増量する)ビネガーとレモンジュース(リンス用):少々。

[作り方] 材料をカップの中でよく混ぜ合わせ、12時間寝かせる。使用前にもういちどよく混ぜる。

[使用方法] 地肌のマッサージ及びパック剤として用いる。塗布後、まず頭皮の血行をよくするため、円を描くようにやさしくマッサージする。その後シャワーキャップをかぶり、30分経過後、ぬるま湯で洗い流す。仕上げとして、ビネガーとレモンジュースを加えたぬるま湯ですすぐ。

 

はちみつキューティクル・ケア(出典2)(recipe 17)

[材料] アップルサイダー・ビネガー:小さじ1、ココナッツオイル:小さじ1、はちみつ:小さじ1。

[作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

[使用方法] キューティクルになじませ、5~10分間そのままにした後すすぐ。


ボディケア

アーモンドオイルとはちみつのボディパック(出典1)(recipe 18)

 [材料] アーモンドオイル:大さじ1 はちみつ:大さじ1 フレッシュレモンジュース:大さじ1/4。

[作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

 [使用方法]ボディ用パック剤として、手足・ひじなど、乾燥している部分に用いる。10分経過後、ぬるま湯と柔らかなタオルなどで洗い流す。


スペシャル・ケア

ニキビやシミ

ハニー・シナモン(出典1)(recipe 19)

[材料] はちみつ:大さじ3、シナモンパウダー小さじ1。

[作り方] はちみつとシナモンを混ぜ、ペースト状にする。

[使用方法] 就寝前に、お肌の気になるところにペーストを塗り、一晩おく。翌朝ぬるま湯で洗い流す。これを1週間~2週間続ける。



傷跡ケア

 はちみつとオイルのトリートメント(出典2)(recipe 20)

 [ 材料] ココナッツオイルまたはオリーブオイル:小さじ1、はちみつ:小さじ1。

 [作り方] 材料を混ぜ合わせる。

 [使用方法] まず 傷跡の残る部分に塗布し、1~2分間、指先で円を描くようにして優しくマッサージする。その後蒸しタオルを乗せ、冷めるまでそのままにする。毎日行う。


日焼けケア

はちみつとアロエの日焼けケア(出典2)(recipe 21)

 [材料] アロエベラジェル、はちみつ、アロエ2に対しはちみつ1の割合で用意する。

 [作り方] 材料をよく混ぜ合わせる。

 [使い方] お肌の日焼けした部分に塗る。


エジプトの女王クレオパトラ(紀元前51~30)が美容のために「ミルクとはちみつ入浴」を行ったと記載する出版物が数多くあります。しかしこれは事実というよりは伝説だと考えられます。とはいえ、JCIが見つけた48のレシピのうちで一番多く使用されている材料がレモンジュース(8/48)、ついでミルク(7/48)でした。

 

「ミルクとはちみつ入浴」の入浴剤としてよく見られるレシピは、100ccの温めたミルクと、等量のはちみつを混ぜて入浴剤とし、湯船に入れて使用するというものです(小さじ2のホホバオイルを添加するというレシピもあります)。有効成分を充分取り込むためには20分程度湯船につかります。


Download
Library_自家製の化粧品レシピ集.pdf
Adobe Acrobat Document 181.9 KB