reference books


ここでは弊社がよく参照する学術研究の中で、特に有用だと思われる4冊をご紹介いたします。

 

(ただし残念ながら今のところ、これらのなかで日本語に翻訳されているものはありません。今後邦訳が出版されましたら、改めてお知らせいたします。) 

 

(1) Field Guide to New Zealand's Native Trees (邦訳なし。仮題:ニュージーランド原産木のフィールド・ガイド). John Dawson & Rob Lucas. 2012. Craig Potten Publishing, Nelson, NZ。

 

(2) Manuka, The Biography of an Extraordinary Honey(邦訳なし。仮題:マヌカ、この驚くべきはちみつの歴史)。 Cliff Van Eaton. 2014. Exilse Publishing, Auckland, NZ。

 

(3) New Zealand Medicinal Plants(邦訳なし。仮題:ニュージーランドの薬用植物) S. G. Brooker, R.C. Cambie, R. C. Cooper. Revised ed. 1987. Reed Books, Auckland, NZ。

 

(4) The Honey Prescription--The AmazingPower of Honey as Medicine.(邦訳なし。仮題:はちみつの処方箋―はちみつの驚くべき薬効)Robert Altman. 2010. Healing Arts Press, Vermont, US。


著者のご紹介

(1) ジョン・ドーソン博士 Dr. John Dawson は植物学の研究者で、1988年の退官まで、ニュージーランド・ウェリントンにあるヴィクトリア大学准教授を務めていました。ロブ・ルーカス Rob Lucas は2016まで、通信制高等職業訓練校(The Open Polytechnic of New Zealand)で園芸の授業を担当していました。

 

(2) クリフ・ヴァン・イートン Cliff Van Eaton は30年以上にわたり、ニュージーランドで養蜂コンサルタントを務めました。NZだけではなく、ヴェトナム、ソロモン諸島、ウルグアイの各国でも養蜂を支援してきました。またミツバチの病気に関する本を2冊、共著者とともに執筆しています。

 

(3) スタンリー・ブルッカー Stanley Brooker(修士、科学)は工業科学者で、オークランド大学化学科の名誉教授も務めました。コンラッド・カンビー Conrad Cambie 教授(博士、科学)はニュージーランド固有植物についての第一人者で、オークランド大学化学科長を務めていました。ロバート・クーパー博士 Robert Cooper, PhD はニュージーランドの花についての
大家で、植物研究者として23年間、オークランド博物館に勤務していました。

 

(4) ナサニエル・オルトマン Nathaniel Altman は医療研究者で、これまでに代替医療について15冊以上の著作を発表してきました。

代表作にThe Oxygen Prescription: The Miracle of Oxidative Therapies . Healing Arts Press, 2007. (邦訳なし。仮題:酸素の処方箋---酸素療法の奇跡)

Healing Springs: The Ultimate Guide to Taking the Waters. Healing Arts Press, 2000.

(邦訳なし。仮題:癒やしの泉---完全温泉ガイド)

A Russian Herbal: Traditional Remedies for Health and Healing. Healing Arts Press, 1997.

(邦訳なし。仮題:ロシアの薬草--伝統療法)があります。NYCブルックリン在住。

Field Guide to New Zealand Native Trees
Field Guide to New Zealand Native Trees
Manuka the biography of an extraordinary honey
Manuka the biography of an extraordinary honey
New Zealand Medicinal Plants
New Zealand Medicinal Plants
The Honey Prescription
The Honey Prescription