Mossop's Honey

モソップハニーはニュージーランド北島・
タウランガにある家族経営の会社です。

 

1947年、ロナルド・モソップRonald Mossopが創業、現在の経営者はニール・モソップ、ウェンディ・モソップNeil and Wendy Mossopです。養蜂および瓶詰めを行っています。

 

モソップの製品は、液状はちみつ、クリーム状はちみつ、はちみつを利用したスキンケア製品など多岐にわたります。

 

Natural granulation

大半の大手パッキング会社とは異なり、モソップは自然粒状化natural granulationという特許製法により、非常になめらかなクリーム状はちみつを製造しています。

 

一般的製法では、何日もかけてはちみつを加熱・攪拌するのですが、モソップでは加熱・攪拌にほんの数時間しかかけていません。また目の粗いフィルターで濾過するため、花粉が取り除かれることがありません。

 

独自の手法

この独自の手法により、モソップのはちみつは熱による損傷を受けず、天然の芳香が保たれているのです。

 

ニール・モソップ、ウェンディ・モソップと子ども達―ライアン、デュアン、チャリティ、ジョシュア。義理の娘にあたるホリーとフィオナはモソップ社で働いています。

 

モソップ・ハニーはクリスチャン企業です。「モソップハニー」は商標で、企業名はApis Gold Ltd「アピス・ゴールド株式会社」です。

モソップ社の養蜂の場面。北島、ベイオブ

プレンティ。


モソップハニーはタウランガ市の南西およそ10キロのところにあります。




バナー写真はモソップの家族と従業員です。右端で、立っている男性がニール・モソップさん、座っている女性がウェンディ・モソップさんです。