マヌカの特長

マヌカハニーは民間薬として高く評価されるようになりました。他のはちみつにはない、抗菌効果があることが研究で明らかになったためです。

 

マヌカには重要なミネラルも含まれます。ポリネシアの人々は、何百年もの間、マヌカの木を医療に用いてきました。マヌカはちみつの抗菌力の強さには差がありますが、これは自然なことです。

 

またマヌカはちみつはチキソトロピー(揺変性:静止状態では粘度が高いが、揺すると粘度が下がり液体に近づく性質)です。

 

召し上がり方

 民間薬としては、風邪予防・のどの痛みを和らげる・口内炎の炎症を抑える等として、ティースプーン一杯程度のマヌカを毎日召し上がる方が大勢おられます。お口の中でゆっくりと溶かしてください。

風邪の場合、レモン果汁やショウガと一緒に、温かい飲み物にしてお召し上がり下さい(ただしこの場合、40度以上のお湯は使わないほうがよいでしょう)。

食品としては、トーストに塗る(バターやマーガリンは抜き)、シリアルやヨーグルトに混ぜる、サンドイッチ用スプレッドとして、またパンケーキやアイスクリームのトッピング等としておいしく召し上がれます。クラッカーやチーズ、フルーツジュースとの相性も抜群です。

医療・美容用途

 医療品グレードのマヌカは、傷の手当て用として、医療機関で使用される機会が増えています。また自然派のスキンケア化粧品として、マヌカが求められています。はちみつをそのままお肌につけることもできますし、クリームやお化粧水として、オリーブオイル、精油、シアバターと混ぜて使うこともできます。

 学名

「マヌカ」はマオリ名です。

学名: Leptospermum scoparium

 和名: ギョリュウバイ(御柳梅)

 マートル(フトモモ)科に属する 常緑低木です。