UMF / MGO value confirmation


UMFHA加盟のマヌカはちみつは、UMFグレードを(+)で表示しています。たとえばUMF5+という表示の場合、検査値がUMF5以上であったことを示します。

 

ただし、UMFHAではこの(+)の上限値を設けていません。つまりUMF5+という表示の場合、UMF6、UMF7、UMF8、UMF9ということもあり得るわけです。

同様に、実際の値がUMF14、UMF13、UMF12、UMF11 であっても、UMF10(+) と表示されていることがあるわけです。

実際のUMF値を知るには、食品検査機関が出している実験報告書を見るしかありません。

 

検査結果の記録
下記は、弊社が最近日本の消費者に提供し、現在も販売しているタヒ・エステートUMFマヌカの検査結果です。

 

まずラベルに記載されているバーコードの上のバッチナンバー(製造番号)をご参照ください。次に下記の表中のバッチナンバーの欄(青字)で、先に見たナンバーを見つけて下さい。


バッチ毎のUMF検査結果 (UMF5+)

グレード(a) サイズ(b) バッチ L(c)

DHA(d)

 MGO(e)

HMF(f)

UMF(g)

UMF5+ 400 50065 -- 421 248

21.2

9.7
UMF5+ 400 50093

168

77 89 54.0 5.2
UMF5+ 400 50104

188

119

135

-- 6.7

UMF5+

400 50120

262

274

128

35 6.5

UMF5+

400 50130

151

206

94

17 5.4

UMF5+

250 50120 262 274 128 35 6.5

バッチ毎のUMF検査結果 (UMF10+)

グレード(a) サイズ(b) バッチ L(c)

DHA(d)

 MGO(e)

HMF(f)

UMF(g)

UMF10+ 400 50063 -- 788 434 17.9 13.5
UMF10+ 400 50078 -- 615 443 19 13.7

UMF10+

400 50091 -- 527 303 23 10.9

UMF10+

400 50102 320 379 316 44 11.2

UMF10+

400 50125 355 595 319 21 11.2
UMF10+ 250 50132 420 630 291 18.5 10.6

バッチ毎のUMF検査結果 (UMF15+)

グレード(a) サイズ(b) バッチ L(c)

DHA(d)

 MGO(e)

HMF(f)

UMF(g)

UMF15+

400 50092 -- 855 512 23 15.0
UMF15+ 400 50094 727 820 517 28 15.0
UMF15+ 400 50107 480 680 514 -- 15.0
UMF15+ 400 50117 741 1,280 554 25 15.7

UMF15+

400 50128 742 1,170 572 20 16.0

UMF15+

250 50121 -- 1,270 544 27 15.5

UMF15+

250 50140 742 957 691 25 17.9

UMF15+

400 50149 666 1460 618 18 16.8

 

出典:(株)アナリティカ・ラボラトリー、Analytica Laboratories Limited.


(a)UMFHA ( ユニークマヌカファクターはちみつ協会、Unique Manuka Factor Honey Association)による格付けのグレード。

(b)内容量、グラム。

(c)バッチ番号。

(d)レプトスペリン (leptosperin)(メチルシリンゲート配糖体)。1kgのマヌカ
はちみつに含まれる量単位mg)。

(e)ジヒドロキシアセトン(dihydroxyacetone、DHA)

(f)メチルグリオキサール (methylglyoxal、MGO)。1kgのマヌカはちみつに
含まれる量(単位mg)。メチルグリオキサールは花蜜の中にある
ジヒドロキシアセトンから作られる天然の物質。MGO・MGは、ともに
メチルグリオキサールの略です。

(g)ヒドロキシメチルフルフラール (hydroxymethylfurfural、HMF)。HMFは糖の
熱分解により生成される物質。

(h)実際のUMF数値。


注釈

2006年頃、UMF加盟製造者に検査を委託されていた各ラボは、フェノール検査法に
よるマヌカの抗菌力測定を中止しました。
UMF数値は元々、 フェノール液に
比較した場合の殺菌力の強度を表すものです。つまり5+は、フェノール液5%希釈液

(フェノール5%、水分95%)と同程度以上の殺菌力が あることを意味します
(従って、10+は、10%以上、15+は、15%以上)。

 

2006 年以降、マヌカはちみつの抗菌力は、フェノールに代わりメチオグリサールで
測定されるようになりました。マヌカの抗菌力が、主にメチオグリサールという成分で
あることが発見されたからです。ただし各ラボではメチオグリサール含有量を、
同程度のフェノール基準による抗菌力(つまり従来のUMF値)と相関させ ています。

たとえば、MG(メチルグリオキサール)基準では、キログラムあたりの
メチオグリサール含有量83mg以上のものを、UMF5+と同等と見なします。
キログラムあたり263mg以上なら10+、514ミリグラム以上なら15+とされます。


タヒの格付けマヌカはちみつの

店内用の参照カードは右のPDFの形で

ダウンロードできます。

Download
タヒUMFマヌカの参照カード_2018.1.pdf
Adobe Acrobat Document 163.3 KB


UMFはちみつ協会のマヌカ格付けの構成表はこちらです。