mineral content


砂糖よりもはちみつがヘルシーである理由の一つはミネラル含有量です。

 

以下の表は、ニュージーランド産はちみつ七種に含まれるミネラルを分析したもの(2011年出版の学術誌『フードケミストリー』Food Chemistry掲載)です。

 

18種類ものミネラル
この分析を見れば、ニュージーランド産のモノ・フローラルはちみつ(ミックスやブレンドではなく蜜源が一種類のはちみつ)には、量はさまざまですが18種類ものミネラルが含まれていることがわかります。


一番たくさん含まれるミネラルは、カリウム、リン、カルシウムです。色の濃いはちみつほどミネラル含有量が高くなっています。

 

分析により、ハニーデューはちみつを除きミネラル含有分が最も高いのはカマヒはちみつであることがあきらかになりました(ハニーデューはちみつとは、ニュージーランド西部沿岸部のブナの木

 

種類別のミネラル含有量: 要約

 

mg/kg

カマヒ

 1930

マヌカ

1540

レワレワ

1470

ラタ

1140
タワリ 1050

タイム

470

クローバー

416

出典: Food Chemistry 128. 2011.


につくカイガラムシが分泌する体液で、はちが集めた花蜜からできたはちみつではありません)。

 

カマヒに次いでミネラル含有量が高かったのは、マヌカ、レワレワ、ラタ、タワリ、タイムの順です。


モノ・フローラルはちみつのミネラル含有量


   クローバー  カマヒ マヌカ

ラタ

レワレワ タワリ タイム
ボロン 6.66 5.23 4.94 3.4 3.72 3.63 n.d.
カルシウム
69.2 40.9 40.5 82.0 54.3 94.3 39.0
カドミウム
0.27 n.d. 0.01 0.05 0.07 0.05 n.d.
クロム
n.d. n.d. n.d n.d. 0.43 0.12 n.d.
0.22 0.22 0.35 0.18 0.70 0.14 n.d.
1.59 1.00 1.86 0.94 2.71 0.67 1.33
カリウム 226 1770 1290 796 1290 958 335
マグネシウム 13.3 18.1 27.9 21.7 40.2 13.2 9.96
マンガン
0.46 1.07 2.15 0.44 4.75 0.74 0.18
モリブデン n.d. n.d. n.d. n.d. 0.01 0.01 n.d.
ナトリウム 17.4 17.0 7.9 110.0 31.1 21.0 15.0
ニッケル 0.43 0.11 0.20 0.05 0.19 0.09 0.02
リン 53.6. 40.3 74.3 29.5 46.3 34.9 46.1

n.d. n.d. 0.04 n.d. 0.01 n.d. 0.003

硫黄

24.6 27.1 27.5 93.9 51.6 20.5 22.3
亜鉛
1.90 0.65 0.37 0.20 0.61 1.90 n.d.
その他 0.25 2.82 1.3 0.12 21.34 0.73 0.9

 

単位: mg/kg.

出典: Mineral analysis of mono-floral New Zealand honey.
(Authors: Leo P. Vanhanen, Andrea Emmertz, Geoffrey P. Savage.)
Food Chemistry 128. 2011.

注:  n.d.= not detected 検出されず.