steeped in history


向かって右:はちみつを運ぶトラックにもたれる、アルビー・ピアソンの息子・バート 1930年代(推定)
向かって右:はちみつを運ぶトラックにもたれる、アルビー・ピアソンの息子・バート 1930年代(推定)

タヒ・エステート社は、新しい企業の
ように見えますが、実は長年にわたり
ファミリー・ビジネスとしてはちみつを
製造してきた会社が、新しく始めた部門の

一つなのです。

 

1888年、ピアソン兄弟が北島で養蜂業を
起こし、北島のワイカト、コーラマンデル、ベイ・オブ・プレンティに巣箱を
おきました。採れたはちみつはハミルトンの工場で処理していました。

 

兄弟社はベイ・オブ・プレンティ沿岸部の

ワイヒ・ビーチにもうひとつ、養蜂基地を持っていました。遠方においた巣箱を

管理するためです。

 

ピアソン兄弟社を起こしたトム・ピアソンと

 

アルビー・ピアソン兄弟は北島・ハミルトンの出身です。兄弟は甥のハワード・ポラードに養蜂を教えました。ハワードは甥のジョン・クレイグに蜂の飼い方を教えたうえ、最初の巣箱を与えました。

 

ジョンは養蜂家としてタヒで認可を受け、

現在ではジョンの娘にあたるスーザンが

会社の過半数株式を所有しています。

 

このようにいろいろな姓の人びとがタヒ

はちみつ社の歴史には登場しますが、

タヒはちみつは128年にわたりファミリー・ビジネスとして受け継がれてきました。

タヒでは世代を超え、大自然の中で養蜂が

続けられています。

 


ピアソン兄弟社のはちみつ缶のラベル 1920年代(推定)
ピアソン兄弟社のはちみつ缶のラベル 1920年代(推定)