science definition


偽造マヌカ取引撲滅の一環として、ニュージーランド政府は2018年、モノフローラル・マヌカとマルチフローラル・マヌカの科学的な定義を採用しました。

 

ニュージーランドで製造され、「マヌカ」と表示された小売用のはちみつは、輸出前にニュージーランド第一次産業省(MPI)に認可された研究施設で検査を受け、そのはちみつが同省の採用する定義に適うことを確認しなくてはなりません。

オーストラリア製「マヌカはちみつ」や、ニュージーランド国外で瓶詰めされ、スーパーなどのプライベード・ブランド(PB)として販売される「マヌカ」製品は、MPIの科学的な分析基準に沿う必要がありません。



MPIの定義では、マヌカの5つの属性(うち4つは花みつの成分、1つがマヌカ花粉のDNAマーカー)を取り上げています。この結果ニュージーランドのはちみつ製造者及びパッキング業者は、マヌカはちみつをそれ以外のはちみつと区別すること、そしてモノフローラルかマルチフローラルかを同定し、それを表示することが可能になりました。

 

マヌカはちみつの検査:モノフローラル

モノフローラル・マヌカはちみつの検査では、以下の検査1及び2において5つの属性(4種類の化学物質およびDNAマーカー)を調べる。

 

検査1:化学検査

この検査では3-フェニル乳酸、2’-メトキシアセトフェノン、2-メトキシ安息香酸、4-ヒドロキシフェニル乳酸の4つの化学物質がすべて存在することを確かめる。それぞれの化学物質に求められる含有量は以下の通りである。

 

(1) 3-フェニル乳酸:1キログラムあたり400mg以上

(2) 2’-メトキシアセトフェノン:1キログラムあたり5mg以上

(3) 2-メトキシ安息香酸:1キログラムあたり1mg以上

(4) 4-ヒドロキシフェニル乳酸:1キログラムあたり1mg以上

 

検査2:DNA検査

マヌカ花粉のDNAレベルは、Cq値(註)が36未満であること。これはおよそ1マイクロリットルあたり3フェクトグラムの値である。Cq値が低いほどDNA濃度が高い。

 

マヌカはちみつの検査:マルチフローラル

マルチフローラル・マヌカはちみつの検査では、以下の検査1及び2において5つの属性(4種類の化学物質およびDNAマーカー)を調べる。

 

検査1:化学検査

 この検査では3-フェニル乳酸、2’-メトキシアセトフェノン、2-メトキシ安息香酸、4-ヒドロキシフェニル乳酸の4つの化学物質がすべて存在することを確かめる。それぞれの化学物質に求められる含有量は以下の通りである。

 

(1) 3-フェニル乳酸:1キログラムあたり 20mg/kg以上 400mg未満

(2) 2’-メトキシアセトフェノン:1キロあたり1mg以上

(3) 2-メトキシ安息香酸:1キログラムあたり1mg以上

(4) 4-ヒドロキシフェニル乳酸:1キログラムあたり1mg以上

 

検査2:DNA検査

マヌカ花粉のDNAレベルは、Cq値が36未満であること。これはおよそ1マイクロリットルあたり3フェクトグラムの値である。


マヌカはちみつの化学的定義

出典

1. ニュージーランドの第一次産業省のウェッブサイト

https://www.mpi.govt.nz/growing-and-harvesting/honey-and-bees/manuka-honey/

2. "Using chemical and DNA marker analysis to authenticate a high-value food, manuka honey".

McDonald, C. M., et al. npj Science of Food (2018).         

                                                               

Cq値 増幅曲線(リアルタイムPCR [polymerase chain reaction。DNA鎖の熱変性、プライマーのアニーリング、ポリメラーゼによる相補鎖の合成を繰り返し行うこと]によりDNAを増幅する方法において、PCR増幅の過程を蛍光物質を用いてモニタリングし、横軸にサイクル数、縦軸に蛍光強度を取ってグラフ化した曲線)と閾値(Threshold)が交差するサイクル数。Ct値とも。

http://www.takara-bio.co.jp/kensa/pdfs/kensa_40.pdf

2019.3