six flowers

このコールドプロセス石鹸には、マヌカはちみつとマヌカオイルに加え、さらにスキンケア効果を高める6種類の花のエキスも配合しました。いずれの植物も、何世紀にもわたり民間療法で用いられてきたものです。

スキンケアに用いられる部位と、エキスの概要は次の通りです。

 

(1)ヤグルマギク(コーンフラワー)・使用部位:花

 ヤグルマギクは古来、薬草として様々な用途で使われており、その効能のひとつに視力の低下や目の疲れの症状緩和があります。お肌を整え、またハリを保つために花のエキスが用いられます。

学名:Centaurea cyanus 

英名: Cornflower/bachelor's button(コーンフラワー、またはバチュラーズボタン)

 

(2)フユボダイジュ・使用部位:花

この木の葉には鎮静効果があり、ティーとして利用されてきた歴史があります。エキスには天然の芳香と、お肌をととのえる効能があります。

学名:Tilia cordata 

英名:Lime tree (ライム、英国及びアイルランドでの呼称。果物のライムではありません)またはlinden tree(リンデン)

 

(3)カミツレ(カモミール)・使用部位:花

カミツレは昔から肌荒れに用いられてきました。エキスには、気持ちを落ち着かせる働きや、保湿効力があるとされています。

学名:Chamomilla recutita / Chamomilla matricaria

 英名: German chamomile(ジャーマンカモマイル)

 

(4)トウセンカ(カレンデュラ)・使用部位:花

トウセンカの花は古くから、抗炎症効果がある薬草として利用されてきました。花のエキスは、お肌の乾燥を防ぐために用いられます。

学名:Calendula officinalis 

英名:Pot marigold(ポットマリーゴールド。観賞用のマリーゴールド/キンセンカとは異なります)

 

(5)セイヨウオトオギリソウ(セントジョンズワート)・使用部位:花/葉/茎

セイヨウオトギリソウは昔から、気分障害による症状の緩和に用いられてきました。エキスはお肌のかさつきを抑え、乾燥肌の改善に効果があるといわれています。

学名:Hypericum perforatum 

英名:St. John's wort(セントジョンズワート)

 

(6)ローマカミツレ(ローマンカモミール)・使用部位:花

カモミール・ティーのリラックスをもたらす成分であると考えられているのがローマカミツレです。エキスには、天然の芳香と、乾燥によるお肌のダメージを回復する効能があります。

学名:Chamaemelum nobile 

英名: Roman Chamomile/English Chamomile (ローマンカモマイル、またはイングリッシュカモマイル)