Strathdale Honey

ストラスデイルハニー社はデイル家の経営する会社で、中央オタゴ地方のストラスタイエリStrath Taieri峡谷のミドルマーチ町にあります。

  

1959年、わずか二つの巣から養蜂を始めたストラスデイルですが、現在では1500の巣を所有し、ホワイトクローバーのはちみつを専門に製造しています。

 

高山地域の豊富なクローバーの花から採られるはちみつは、驚くほど純粋です。

 

ストラスデイル・ハニー社を経営するブレア・デイルは、1960年代に父ジョン・デイルから養蜂技術を学びました。

ブレアも息子アダムに養蜂を教えてきました。アダムは現在、ストラスデイル社の三代目として経営に携わるようになっています。

 

ブレアは、ストラスデイル社を経営者であると同時に、ミドルマーチ消防団員の幹部でもあります。

 

「わが社はほんとうの家族経営です」と語るデイル氏。「一つの大企業が世界中のマーケットを独占するのではなく、沢山の小さな企業が協働し資源を分け合うほうがよいと考えています」

ブレア・デイルがストラスデイルハニーの巣枠を調べているところ。
ブレア・デイルがストラスデイルハニーの巣枠を調べているところ。

 汚染ゼロ、蜂の病気ゼロ

デイル家はオタゴ地方全域で養蜂を行っています。本社は1980年代末に、現在のミドルマーチに移転しました。

 

ストラスデイルの自慢は「汚染ゼロ、蜂の病気ゼロ、有害プロセスゼロ」です。

 

低温濾過することで、はちみつの有効成分が損なわれず、不純物だけが取り除かれると考えています。

 

ストラスデイルハニーは、ダニーデン市

の北西およそ80キロのところにあります。



バナー写真: 巣箱を積んだストラスデイル社のトラック。南島オハウ湖の北側にある、ホプキンズ・バレイの川床を進む。写真提供:ストラスデイル社・はちみつ班